コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」カテゴリーの記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」カテゴリーの記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

完結済みの漫画

ダンジョン飯14巻 感想

ダンジョン飯 14巻 (HARTA COMIX) 万能にして無限の力を持つラスボス、悪魔・翼獅子との戦いは既に決着。 ここからはエピローグ。RPGで言えばエンディング。 大団円の『ダンジョン飯』14巻の感想です。 ダンジョン崩壊の謎と生ける絵画の謎 悪魔を倒して一安…

ダンジョン飯13巻 感想

ダンジョン飯 13巻 (HARTA COMIX) 世界中の迷宮から魔力が吹き出し、刻一刻と世界そのものへ悪魔の手が伸びる中、ライオスはどのようにして無限の存在を打倒するのでしょうか。 まさかまさかの2冊同時刊行。クライマックス&完結の13巻と14巻。 カオスな表紙…

ゴブリンスレイヤーを取り巻く人の縁の物語:ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ レビュー

ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) タイトル:ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ 作者:(漫画)池野雅博(原作)蝸牛くも(キャラクター原案)神菜月昇 年代:2018年~2019年 巻数:全2巻 あらすじ・概要 …

ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ1巻・2巻 感想

ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤー:ブランニュー・デイ 2巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) ゴブリンスレイヤー原作小説版の4巻に該当する短編エピソード集。時系列としては水の…

シンプルでコンパクトなTS(トランスセクシャル)モノ : 女心@男子高校生 レビュー

女心@男子高校生 (カドカワデジタルコミックス) タイトル:女心@男子高校生 作者:竹屋まり子 年代:2022年 巻数:全1巻 あらすじ・概要 小説を書くのが趣味の男子高校生・夜野蓮(よるのれん)。 ネットへの小説の投稿もする彼には1つの悩みがありました。 …

Present for me 石黒正数短編集 感想

Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス) 石黒正数先生の初期短編作品集、『Present for me 石黒正数短編集』の感想です。 読みやすいのに、癖の強さも感じる短編集。 この短編集は石黒先生の初期の作品を収録した短編集です。 人物画はシン…

シンプルな面白さに遊び心を一匙。いや、もう何匙か追加した短編集。 : Present for me 石黒正数短編集 レビュー

Present for me 石黒正数短編集 (ヤングキングコミックス) タイトル:Present for me 石黒正数短編集 作者:石黒正数 年代:2007年 巻数:全1巻 あらすじ・概要 『それでも町は廻っている』や、『天国大魔境』の石黒正数短編集先生の初期短編集です。 石黒…

狐のお嫁ちゃん6巻 感想

【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】狐のお嫁ちゃん (6) (みんなのコミック) サダさんの妊娠に、化け狐としてのお嫁ちゃんのレベルアップ。そして、ついにお嫁ちゃんと旦那さんの間にも訪れる人生の転機。『狐のお嫁ちゃん』6巻の感想です。 ジョージさ…

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ2巻 感想

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ(2) (角川コミックス・エース) 突っ込みどころ満載の世界観と、勢いのある展開が笑いを誘うコメディー。 『父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ』2巻の感想です。 法律に則った正しいデスゲームとは!? 愛娘…

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ1巻 感想

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ(1) (角川コミックス・エース) デスゲームが合法化された近未来の日本。 業界最大手にして老舗のデスゲーム運営会社・FATHER社。 そのデスゲーム運営部門統括部部長を務める黒崎鋭司(くろさきえいじ)38歳。彼は自分…

デスゲーム運営者はマイホームパパ : 父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ レビュー

父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ(1) (角川コミックス・エース) タイトル:父さんな、デスゲーム運営で食っているんだ 作者:(漫画)いなほ咲貴(原作)みかみてれん 年代:2018年~2019年 巻数:全2巻 あらすじ・概要 西暦20××年。デスゲームが合法化…

陰のある笑顔、心からの笑顔 : 天使にさようなら 山うた短編集 レビュー

天使にさようなら 山うた短編集 タイトル:天使にさようなら 山うた短編集 作者:山うた 年代:2021年 巻数:全1巻 あらすじ・概要 「兎が二匹」や「角の男」の山うた先生が贈る短編作品集です。 会社に使いつぶされる41歳魔法少女の現実と、心に秘められた…

地獄の底で輝くもの : 角の男 レビュー

:角の男 1巻: バンチコミックス タイトル:角の男 作者:山うた 年代:2018年 巻数:全2巻 あらすじ・概要 角のない人間が、角のある人間を「鬼」と呼び、家畜あつかいする社会。 角のない少年ユエと、角のある少年・ジャオ。2人は少年時代を共に過ごし、共…

角の男1巻・2巻 感想

角の男 1巻: バンチコミックス 角の男 2巻(完): バンチコミックス 角のある人間・角族を「鬼」と呼んで家畜にする角のない人間たちの国・龍帝國。 角族が奴隷狩りにあい、また、勝手な理由で殺されていく時代に、精一杯抗う角ありと、角なしの2人の男の物…

読切SF「虚無を行く」がとにかく凄い : 水上悟志短編集 放浪世界 レビュー

水上悟志短編集「放浪世界」 (ブレイドコミックス) タイトル:水上悟志短編集 放浪世界 作者:水上悟志 年代:2018年 巻数:全1巻 あらすじ・概要 あっさり、さっぱりとしている作風の様で、読者の予想の斜め上をついてくる展開と、丁寧な構成、独特のテンポ…

水上悟志短編集 放浪世界 感想

水上悟志短編集「放浪世界」 (ブレイドコミックス) いろいろな種類の短編が取りそろえられた『水上悟志短編集 放浪世界』の感想です。 虚無を行くが凄く良かった この短編集の総評としてまず言いたいのは、「虚無を行く」が凄く良かったということです。 総…

狐のお嫁ちゃん5巻 感想

【Amazon.co.jp限定描き下ろし特典付】狐のお嫁ちゃん (5) (みんなのコミック) 旦那さんの同級生だったサダさんがマンションの隣の部屋に引っ越してきました。 サダさんとお嫁ちゃんのコンビが楽しい狐のお嫁ちゃん5巻の感想です。 恐らく一番年上で、かつ…

TSとイチャイチャ。彼氏と彼女のち彼女と彼女 : ある日彼氏が女の子になってしまったカップルの日常 レビュー

ある日彼氏が女の子になってしまったカップルの日常 (ビームコミックス) タイトル:ある日彼氏が女の子になってしまったカップルの日常 作者:季結ふゆき 年代:2023年 巻数:全1巻?※漫画としては続くそうですが、単行本になるかは未定だそうです。 あらす…

癖の強すぎる人たちと世界の終末 : メランコリア レビュー

メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) タイトル:メランコリア 作者:道満清明 年代:2018年 巻数:全2巻 あらすじ・概要 道満清明先生のショートショートストーリー集。上下巻の2冊構成。各話12ページのオムニバス形式です。 ポップで軽やか…

メランコリア上巻・下巻 感想その②

メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) メランコリア 下 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) いくつもの物語に伏線が散りばめられ、そのいくつもの物語が交差したり、しなかったりしながら世界の終末というクライマックスへと向かうショートシ…

メランコリア上巻・下巻 感想その①

メランコリア 上 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) メランコリア 下 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 道満清明先生の描く、絵柄にも、物語にも、というよりも漫画としての構成要素全般に独特の癖と味のある連作短編集にして群像劇。メランコリア上巻と…

圧倒的な臨場感で物語に引き込まれる : 魔法はつづく レビュー

魔法はつづく (リイドカフェコミックス) タイトル:魔法はつづく 作者:オガツカヅオ 年代:2018年 巻数:全1巻 あらすじ・概要 ホラー漫画家のオガツカヅオ先生の短編集です。短編10話+おまけマンガ。20ページから30ページくらいの作品の割合が多めです。 …

魔法はつづく 感想

魔法はつづく (リイドカフェコミックス) 自然な臨場感のある日常を描写することで、迫真性のある非日常を演出する奇才、オガツカヅオ先生の短編集。『魔法はつづく』の感想です。 当たり前の日常が輝くからこそ非日常が際立つ。 オガツカヅオ先生の漫画は以…

ダンジョン飯12巻 感想

ダンジョン飯 12巻 (HARTA COMIX) 迷宮の主となったマルシル。主の代替わりで混乱が続く迷宮で、物語がクライマックスへ向かうダンジョン飯12巻の感想です。 まさかのラーメン。 何とかマルシルと合流したものの、意見の対立で台所に閉じ込められたライオス…

ダンジョン飯11巻 感想

ダンジョン飯 11巻 (HARTA COMIX) 頼みの綱だった翼獅子はあっさりと抑え込まれ、仲間たちは次々とドラゴンの犠牲に。 悪夢のドラゴンフルコースの中でライオスの魔物知識が光ります。ダンジョン飯11巻の感想です。 ライオスの恐怖※ライオスが恐怖を与える側…

魔女の下僕と魔王のツノ16巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 16巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 電子書籍のページを開いてすぐ目についた「完結」の文字。それぞれの成長が実を結び大団円へと向かう『魔女の下僕と魔王のツノ』16巻の感想です。 名残惜しいけれど大団円。祝完結。 電子書籍サ…

狐のお嫁ちゃん4巻 感想

狐のお嫁ちゃん (4) (みんなのコミック) 毎回カラーの扉絵も鮮やかな狐のお嫁ちゃん4巻の感想です。 お嫁ちゃんと自転車 お嫁ちゃんは日常生活での機動力を確保するために、旦那さんの実家へ彼が昔使っていた自転車を取りに行きました。 さっそく自転車に…

凄惨な事件を通して描かれる警察官という仕事の闇 : ハコヅメ~交番女子の逆襲~別章アンボックス レビュー

タイトル:ハコヅメ~交番女子の逆襲~別章アンボックス 作者:泰三子 年代:2021年 巻数:全1巻 あらすじ・概要 町山警察署生活安全課のくノ一捜査官こと黒田カナ。 多数派の「正義」という言葉に追い詰められながら育ち、それでも困っている人を助ける道…

魔女の下僕と魔王のツノ15巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 15巻 (デジタル版ガンガンコミックス) ビビアンを呪った張本人・レジーナがついに登場。さらにビビアンを助けるための薬の存在もレジーナにバレて事態は急展開に。魔女の下僕と魔王のツノ15巻の感想です。 エリックと如意宝珠 レイは…

天使にさようなら 山うた短編集 感想

天使にさようなら 山うた短編集 心を抉って、感情を揺さぶってくる山うた先生の『天使にさようなら 山うた短編集』の感想です。 注意 この記事は『天使にさようなら』だけではなく、山うた先生の別の著作である『兎が二匹』のネタバレを含みます。ご注意くだ…