コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」カテゴリーの記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」カテゴリーの記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

連載中の漫画

ダンジョン飯12巻 感想

ダンジョン飯 12巻 (HARTA COMIX) 迷宮の主となったマルシル。主の代替わりで混乱が続く迷宮で、物語がクライマックスへ向かうダンジョン飯12巻の感想です。 まさかのラーメン。 何とかマルシルと合流したものの、意見の対立で台所に閉じ込められたライオス…

ダンジョン飯11巻 感想

ダンジョン飯 11巻 (HARTA COMIX) 頼みの綱だった翼獅子はあっさりと抑え込まれ、仲間たちは次々とドラゴンの犠牲に。 悪夢のドラゴンフルコースの中でライオスの魔物知識が光ります。ダンジョン飯11巻の感想です。 ライオスの恐怖※ライオスが恐怖を与える側…

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン5巻 感想

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン 5巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス) 孤電の術士(アークメイジ)と共に、ゴブリンの生態調査も兼ねたゴブリン退治に赴いたゴブリンスレイヤー。ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン5巻の感想です。 ゴブリンスレイ…

異世界で俺と握手!!:戦隊レッド 異世界で冒険者になる レビュー

タイトル:戦隊レッド 異世界で冒険者になる 作者:中吉虎吉 年代:2021年~ 巻数:既刊3巻 あらすじ・概要 「終わりだ!!絶縁王!!世界の絆は俺が守る!!」。 人々から絆を奪い世界征服を企む悪の秘密結社ゼツエンダー。その魔の手から人々の絆を守るた…

虚構推理17巻 感想

虚構推理(17) (月刊少年マガジンR) 「岩永琴子の逆襲と敗北」編のエピローグとしての側面もある単話「死が二人を分かつまで」では、ついに九郎の心の内が明らかになります。 さらに、雪女も再登場の新章「雪女を斬る」もスタート。虚構推理17巻の感想で…

セントールの悩み23巻 感想

セントールの悩み(23)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 物語の展開も取り扱われる話題も相変わらず興味深いです。 今回は特に私の好みのエピソードが多かったセントールの悩み23巻の感想です。 怪物・妖怪。伝承とイメージとお約束 187話ではハロ…

激務の中の悲喜こもごも「警察官のお仕事」暴露コメディー:ハコヅメ~交番女子の逆襲~ レビュー

タイトル:ハコヅメ~交番女子の逆襲~ 作者:泰三子 年代:2018年~ 巻数:既刊21巻(別章+1巻) あらすじ・概要 岡島県警町山警察署管内、町山交番勤務の新米女性警察官・川合麻衣。 激務の上に嫌われ役。そんな警察官の仕事が嫌になった彼女は辞表をしたた…

虚構推理16巻 感想

虚構推理(16) (月刊少年マガジンR) 臨死体験をしたためか、霊や怪異が見えるようになった丘町冬司。琴子はそのことさえも巧妙に利用し、事件の解決を「合理的な虚構」へ導こうとします。 「岩永琴子の逆襲と敗北」クライマックスの虚構推理16巻の感想で…

セントールの悩み22巻 感想

セントールの悩み(22)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) ストーリー的にも、風刺的にも意味深長な場面が盛りだくさん。セントールの悩み22巻の感想です。 プリティホーンに新キャラ登場 178話は久しぶりのプリティホーン。 全体主義専制体制の権化…

ライドンキング7巻 感想

ライドンキング(7) (シリウスコミックス) 瘴気があふれ出した死の谷にて、プルチノフ大統領VS闘鬼竜エドゥの戦いのゴングが鳴ります。ライドンキング7巻の感想です。 プルチノフ大統領VS闘鬼竜(オーガドラゴン)エドゥ 龍穴(ドラゴンホール)を封じていた先…

虚構推理15巻 感想

虚構推理(15) (月刊少年マガジンコミックス) ついに琴子たちの前に姿を現した六花さん。キリンの亡霊による殺人事件は、関係者達の思惑が絡み合い何やら怪しい雲行きへ。虚構推理15巻の感想です。 六花さんVSキリンの亡霊 今回の事件、九郎が山の中でキ…

ライドンキング6巻 感想

ライドンキング(6) (シリウスコミックス) 巨大海洋魔獣の巣窟を抜け、魔境=聖王国にたどり着いた大統領一行。 今後の展開の方向性も見えてきた一方で、さりげないのから露骨なのまで飽和するパロディーに突っ込みが追いつかないライドンキング6巻の感想…

ゴブリンスレイヤー11巻 感想

ゴブリンスレイヤー 11巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 雪山での戦いもクライマックス。ゴブリンスレイヤー11巻の感想です。 小鬼聖騎士(ゴブリンパラディン)との決着 ゴブリン達の砦から脱出したゴブリンスレイヤー一行。 小鬼聖騎士の「狂奔(ルナ…

ゴブリンスレイヤー10巻 感想

ゴブリンスレイヤー 10巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 洞窟のゴブリン達から令嬢剣士を救出したゴブリンスレイヤー一行。 しかし、洞窟はゴブリン達の居住区ではなく、退治したのは群れの中の極一部であり、本隊が別にあることが判明します。ゴブ…

ゴブリンスレイヤー9巻 感想

ゴブリンスレイヤー 9巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス) 物語は新章へと突入。剣の乙女からある令嬢の捜索依頼を受けたゴブリンスレイヤー。今度の舞台は雪山です。ゴブリンスレイヤー9巻の感想です。 女神官と妖精弓手、温泉にて 道すがらゴブリン達…

ダンジョン飯ワールドガイド冒険者バイブル 感想

ダンジョン飯 ワールドガイド 冒険者バイブル (HARTA COMIX) 第一章「人物」、第二章「魔物」、第三章「世界」。巻末にはアートギャラリー。描き下ろし漫画に、細かいお楽しみ要素もたっぷりのダンジョン飯のファンブック。『ダンジョン飯ワールドガイド冒険…

よもやま話風の描き下ろし漫画たっぷり。ファン必見!:ダンジョン飯ワールドガイド冒険者バイブル レビュー

タイトル:ダンジョン飯ワールドガイド冒険者バイブル 作者:九井諒子 年代:2021年 巻数:全1巻(ダンジョン飯という漫画のガイドブックです) 『ダンジョン飯』についてご存じでない方は、こちらの記事に簡単な説明がありますので、宜しければご覧くださいま…

セントールの悩み21巻 感想

セントールの悩み(21)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 今回も面白いテーマのお話が盛りだくさん。 世界規模の大事件も起こりました。セントールの悩み21巻の感想です。 趣味は人生を豊かにする 174話では将棋に嵌まった宇宙菌類が登場。この人も…

ダンジョン飯10巻 感想

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX) 読者目線だとあからさまに怪しく、危険な存在である翼獅子と対峙するライオス一行。 クライマックスかと思いきや、まだまだカオスな雲行きのダンジョン飯10巻の感想です。 訂正します。いつも以上にカオスなダンジョン飯10…

ダンジョン飯9巻 感想

ダンジョン飯 9巻 (HARTA COMIX) シリアスもコミカルも素晴らしく、それがいい意味で入り乱れています。そして超展開に新展開。とてもダンジョン飯らしい面白さが爆発した巻でした。 ダンジョンの重大な謎が明かされて、物語も大きく進みます。ダンジョン飯9…

虚構推理14巻 感想

虚構推理(14) (月刊少年マガジンコミックス) 琴子と六花さんのコンビで挑む、「見たのは何か」編が完結。さらに、時間は現代へと戻り、ついに六花さんが動き出します。虚構推理14巻の感想です。 「見たのは何か」解決編 見たのは何かの犯人の行動理由に…

ライドンキング5巻 感想

ライドンキング(5) (シリウスコミックス) ダンジョン突入時に3つに分断されてしまったプルチノフ大統領一行。それぞれの戦いが始まります。ライドンキング5巻の感想です。 魔霊王(リッチ)改め魔霊大王(エルダーリッチ)戦 迷宮内の雪原エリアにて、大統領…

ダンジョン飯8巻 感想

ダンジョン飯 8巻 (HARTA COMIX) センシの心の閊えも取れて心機一転のはずが、その輪に踏み込んだ者を「少しだけ変えてしまう」キノコ、チェンジリングの輪に踏み込んでしまったライオス一行。 ダンジョン飯8巻の感想です。 チェンジリングパニック ライオス…

虚構推理13巻 感想

虚構推理(13) (月刊少年マガジンコミックス) 今回の表紙は雪女。琴子、九郎、六花さんという物語の主要人物ならまだしも、ゲストキャラクターとしては、初めての快挙です。 いよいよ解決編。表紙の時点で本編の展開にも期待が膨らみます。虚構推理13巻の…

セントールの悩み20巻 感想

セントールの悩み(20)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) てっきり修学旅行編が続くのかと思っていたら、1つ目のエピソードでまさかの帰宅。 少し出端をくじかれましたが、それはそれとして今回も色々面白く、いろいろと濃いセントールの悩み20巻の…

画力とギャグのツープラトン。最強大統領の異世界「騎乗」バカンス ライドンキング レビュー

タイトル:ライドンキング 作者:馬場康誌 年代:2019年~ 巻数:既刊8巻 あらすじ・概要 中央アジアの一角、プルジア共和国。大国から武力で独立を勝ち取ったこの国を乗りこなしているのは、建国の英雄にして終身大統領アレクサンドル・プルチノフ。 プルチ…

とにかくウザい!でも楽しい!!先輩男子と後輩女子のハイテンションコメディー:宇崎ちゃんは遊びたい! レビュー

タイトル:宇崎ちゃんは遊びたい! 作者:丈 年代:2018年~ 巻数:既刊9巻 あらすじ・概要 大学3年生の青年、桜井真一。背が高く強面のため、周囲に怖がられることもありますが、真面目で礼儀正しい性格の好青年です。 運動部出身で細マッチョ。一方、割と…

ライドンキング4巻 感想

ライドンキング(4) (シリウスコミックス) ゴルドーの街を襲撃した魔族を単身で足止めし、散っていったジェラリエ・ゴルドー。 ベルのオリジナル魔法の応用で、瞬く間に要塞化が進むプルチノフ村。そこへ押しかけるゴルドーの難民たち。ライドンキング4巻…

ライドンキング3巻 感想

ライドンキング(3) (シリウスコミックス) 魔導院(タワー)製の魔術兵器を使うジェラリエたちから攻撃を受ける集落。 窮地を脱するために、大統領に自分たちの秘密を打ち明けるベル。プルチノフ村の反撃が始まります。ライドンキング3巻の感想です。 サキと…

ライドンキング2巻 感想

ライドンキング(2) (シリウスコミックス) 魔獣使いの一味から、子供たちと魔狼(ガルム)達を解放したプルチノフ大統領。そんな大統領を追うのは地方領主の娘であり、ケンタウロス達を狙うジェラリエ。ライドンキング2巻の感想です。 異世界の景色と大統領 …