コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」カテゴリーの記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」カテゴリーの記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

連載中の漫画

虚構推理7巻 感想

虚構推理(7) (月刊少年マガジンコミックス) 原作小説・『虚構推理』に該当する「鋼人七瀬編」からさらに続く、琴子と九郎の物語。虚構推理7巻の感想です。なお、今回の見出しのタイトルは、漫画の各話のものをそのまま使っています。 よく行く店 琴子と九…

虚構推理 鋼人七瀬編後半(4巻・5巻・6巻) 感想

虚構推理(4) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(5) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(6) (月刊少年マガジンコミックス) 鋼人七瀬による犠牲者が出たことがネット上で話題になり、虚構から生まれた「想像力の怪物」を虚構に返して消滅さ…

虚構推理 鋼人七瀬編前半(1巻・2巻・3巻) 感想

虚構推理(1) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(2) (月刊少年マガジンコミックス) 虚構推理(3) (月刊少年マガジンコミックス) 妖怪・あやかし・怪異・魔”そう呼ばれる者たち相手に「知恵の神」として相談役を務める一眼一足の少女・岩永琴子。…

この愛は、異端。2巻 感想

この愛は、異端。【電子限定おまけ付き】 2 (ヤングアニマルコミックス) 人間である淑乃と悪魔であるバアル。この2人の関係は相変わらず徹底的に拗れています。その拗れ方が焦れったく、面倒くさく、そして切ない。『この愛は、異端。』2巻の感想です。 サタ…

ダンジョン飯6巻 感想

ダンジョン飯 6巻 (HARTA COMIX) 仲間を連れてきたシュローと、何やら企んでいそうなカブルー一行と合流したライオスたち、ダンジョン飯6巻の感想です。 意外と愉快なシュロー一行。マイヅルさんがかわいい。 フラフラのシュローにご飯を食べてもらいがてら…

TS(性転換)要素マシマシのファンタジーなラブコメディ―:魔女の下僕と魔王のツノ レビュー

// リンク タイトル:魔女の下僕と魔王のツノ 作者:もち 年代:2014年~ 巻数:既刊15巻 あらすじ・概要 育ての親である魔女ビビアンを救うため、薬の材料である魔王のツノを求める魔女の少女ベティ。 そんなベティの下僕であるアルセニオは、かわいい主人…

魔女の下僕と魔王のツノ7巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 7巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 狩猟民族女子・レイのアルセニオへの告白から一夜明け、照れながらも新たな関係を築こうとする2人。男女とは何か、心に性別はあるのか悩むレイに呼応するように面白おかしい事件が発生。 魔王城…

魔女の下僕と魔王のツノ6巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 6巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 魔女の家での日常も、魔王城攻略もファンタジーたっぷり、コメディー要素満載で面白いです。そして、ラブコメ方面でもついに進展がありました。魔女の下僕と魔王のツノ6巻の感想です。 同性愛とA…

この愛は、異端。1巻 感想

この愛は、異端。 1 (ヤングアニマルコミックス) 「家族」を求める天涯孤独の大学生・淑乃(よしの)と、その魂を求める悪魔のバアル。歪んですれ違う人間と悪魔の愛の物語、『この愛は、異端。』1巻の感想です。 綺麗で鮮やかでおどろおどろしい迫力もある絵…

絵が凄いから情感も迫力も段違い:この愛は、異端。 レビュー

// リンク タイトル:この愛は、異端。 作者:森山絵凪 年代:2017年~ 巻数:既刊3巻(第1部完結) あらすじ・概要 自分を愛してくれる両親を交通事故で失い、たらい回しにされた親戚の家では度々性的虐待の危機にさらされ、人の世の地獄を味わった少女・淑乃…

魔女の下僕と魔王のツノ5巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 5巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 守りたい人たちのために、魔物の力を取り戻そうと走るアルセニオ。エリックから事情を聞いたロイドたちもアルセニオを助けるために動き出します。魔女の下僕と魔王のツノ5巻の感想です。 何を抱…

魔女の下僕と魔王のツノ4巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 4巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 夜の魔王城の探索から始まり、物語はついにレイたちの故郷である極北の地ヒュペルボレアへ。魔女の下僕と魔王のツノ4巻の感想です。 極北の地ヒュペルボレア 魔女ビビアンの家に滞在中のエリック…

魔女の下僕と魔王のツノ3巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 3巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 元人間で現魔物である魔女の下僕アルセニオ。そのアルセニオと共に魔王討伐を目指すのは、望まずして女性の体になってしまった元少年のレイに、そのレイに求婚中の幼なじみのロイド、さらには極…

魔女の下僕と魔王のツノ2巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 2巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 突如来襲した幼なじみに攫われたレイ。それを追いかける魔王とアルセニオ。魔女の下僕と魔王のツノ2巻の感想です。 性別の変化に対するスタンスの違い 極北の地、ヒュペルボレアからレイを連れ戻…

魔女の下僕と魔王のツノ1巻 感想

魔女の下僕と魔王のツノ 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス) 師匠にして育ての親である魔女ビビアンを救うため、薬の材料である魔王のツノを求める薬草魔女ベティ。その下僕であるアルセニオは単身魔王城に挑みますが、そこで待っていたのは、あまりにもイ…

人類を滅亡に追いやる者、それは魔王…ではなく、その秘書:魔王の秘書 レビュー

// リンク タイトル:魔王の秘書 作者:鴨鍋かもつ 年代:2017年~ 巻数:既刊1巻 あらすじ・概要 光を呼ぶ勇者と、闇を招く魔王の戦いが繰り返されてきた世界。封印から復活した魔王は世界征服を開始。 まず手始めとして、敵を知るため、知能の高い人間を攫…

ここまでやるか…世界観が凄すぎる日常漫画:セントールの悩み レビュー

// リンク タイトル:セントールの悩み 著者名:村山慶 年代:2011年~ 巻数:既刊22巻 あらすじ・概要 ケンタウロスのような「人馬形態」の君原姫乃は女子高生。悪魔のような翼を持つ「竜人形態」の獄楽希や、頭に角を持つ「角人形態」の名楽羌子と共に、地…

セントールの悩み16巻 感想

セントールの悩み(16)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 両生類人たちの戦いも終結し、今回は紛争の後のエピソードも描かれました。セントールの悩み16巻の感想です。 おまけページ:「四肢人類の世界」 今回のおまけページは「この世界」のベスト…

セントールの悩み15巻 感想

セントールの悩み(15)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 冒頭のカラーページの4コマ漫画は、いつもの漫画とはまた違う感じで楽しめました。セントールの悩み15巻の感想です。 歴史清算委員会の襲撃 109話では、姫乃たちの学校が歴史清算委員会を名…

現代日本とファンタジー世界の世知辛さ対決:小林さんちのメイドラゴン レビュー

// リンク タイトル:小林さんちのメイドラゴン 著者名:クール教信者 年代:2010年~ 巻数:既刊11巻 あらすじ・概要 底辺システムエンジニア(自称)の小林さんは、ある日、酔っぱらって迷い込んだ山で、聖剣の突き刺さったドラゴンと出会いました。 酔った…

セントールの悩み14巻 感想

セントールの悩み(14)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) カラーページで着飾る南極人たちに、100話記念の温泉回と、華やかな始まりながらも今回は戦争の話が多めです。特に中盤からの展開には度肝を抜かれました。セントールの悩み14巻の感想です。 100話記…

セントールの悩み13巻 感想

セントールの悩み(13)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) どこまでも広がっていく世界観。平行する物語は増えていく一方。小出しされる情報がもどかしい。でも面白いからやめられない。そんなセントールの悩み13巻の感想です。 朱池さんちの事情、犬養さんの…

セントールの悩み12巻 感想

セントールの悩み(12)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 綾香ちゃんと鴉羽さんが、正式にオカルト科学部に入部。今回はオカルト関連をいろいろな視点から描いたエピソードが目を引きました。セントールの悩み12巻の感想です。 鴉羽さんのクラスの出し物は「…

セントールの悩み11巻 感想

セントールの悩み(11)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 姫野の周りも、世界情勢も、南極人関連も、それぞれ大きな変化がありました。 私たちの世界とは似て非なる、でもやっぱり似ている部分もある「この世界」の様々な形の「日常」が描かれる、セントール…

セントールの悩み10巻 感想

セントールの悩み(10)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 「日常」モノのはずが、非日常の世界に放り出されてしまった姫乃と紫乃ちゃんの運命やいかに。というわけでセントールの悩み10巻の感想です。 続姫乃の異世界無双 姫乃は元の世界へと戻るために現地…

セントールの悩み9巻 感想

セントールの悩み(9)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 巻頭のカラーページで姫乃が何とも言えない不思議なポーズを決めています。 何かと交信しているようでもあり、何かに変身しそうでもあり、不思議な雰囲気が漂っています。 今までも日常の裏側で非日常…

セントールの悩み8巻 感想

セントールの悩み(8)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 面白かったり、微笑ましかったり、生々しかったりする「この世界」の物語を楽しみながら、私たちの世界の日常のもやもやについても考えられる。セントールの悩み8巻の感想です。 美術館デート×2 芸術…

セントールの悩み7巻 感想

セントールの悩み(7)【特典ペーパー付き】 (RYU COMICS) 日常という言葉の拡大解釈が甚だしい。でも納得。その上で面白い。セントールの悩み7巻の感想です。 南極道士 人類の形態の1つで、すでに絶滅したと言われる人虎。それが中国の奥地に生息していると…

ダンジョン飯5巻 感想

ダンジョン飯 5巻 (HARTA COMIX) 4巻末の思わせぶりな黒ページ増量。巻頭からの急展開。ダンジョン飯5巻の感想です。 狂乱の魔術師と亡霊たち。黄金城の過去が気になる いなくなったファリンを追いかけてきたライオスたちの前に、ダンジョンの主、狂乱の魔術…

ダンジョン飯4巻 感想

ダンジョン飯 4巻 (HARTA COMIX) 冒頭から気になる新情報が目白押しの『ダンジョン飯』4巻。ついにライオス一行の当初の目的だった、ドラゴンの討伐と、ファリンの救出の話になります。 熱い熱いレッドドラゴン戦 ドラゴンの大きさは、登場するファンタジー…