コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」カテゴリーの記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」カテゴリーの記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

チキュウノカワイイハウチュウイチ:カワイスギクライシス レビュー


カワイスギクライシス 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

タイトル:カワイスギクライシス

  作者:城戸みつる

  年代:2020年~

  巻数:既刊6巻

 

あらすじ・概要

 あまたの星々を支配下に置く帝国アザトス。

 その先兵として、調査のために地球に降り立った調査隊員・リザ・ルーナ。

 地球の文明レベルの低さに興味を失う彼女でしたが、調査の一環で入った猫カフェで「猫」と出会ったことにより、彼女と、地球と、帝国アザトスの運命は大きく変わることとなります。

 地球の生き物が可愛すぎて、調査隊全滅の危機。

 果たしてリザたちは未曾有の「かわいい」ハザードを乗り越えることができるのでしょうか。

 地球の「かわいい」と接近遭遇してしまった宇宙人たちの絶叫が響き渡るアニマルコメディーです。

 

いいリアクションの宇宙人。そして、それ以外にも…

 私はこの漫画の第1話を初めて読んだ時、凄く面白いなと思った一方で、コメディーとしての芸風や、展開がワンパターンになりそうだなと失礼なことも考えていました。

 申し訳ありませんでした。全然そんなことはなかったです。

 この漫画は基本的に、地球の「かわいい」に接近遭遇した宇宙人たちの反応やリアクションをコメディーの主軸にしていますが、地球の「かわいい」を前にした宇宙人たちが絶叫するだけの漫画でもないのです。※割と高頻度で絶叫はします。

 地球の様々な動物たちのかわいい姿を見てしまった宇宙人たちが繰り出すオーバーなリアクション芸は、確かにこの作品のお約束的展開ですが、それ以外にもいろいろな所にちりばめられた面白さと、そして可愛さの数々。

 例えば、キャラクターにしても面白い人ばかり。個性豊か過ぎる宇宙船のメンバーに、地味に面白い人の多い地球勢。露骨な変人キャラ以外も、登場人物はだいたい面白い人です。

 モブキャラとして登場した人が後から掘り下げられたり、新キャラが登場したり、それまで常識人だと思っていた人が、とんでもない事件を起こしてヤバい人だったことが判明したりと、キャラクター面でもネタは尽きません。

 この作品のSF要素は、「地球のかわいいに初めて遭遇した宇宙人」というシチュエーションを作るためのもので、SF設定はアバウトな印象です。

 しかし、なんでもありのアザトスの超技術は本当に大体何でもできる感じなので、舞台装置として非常に優秀。話のテンポも良くなるのでストレスフリー。

 この舞台装置を使って作る特殊なシチュエーションを地球のかわいい動物たちと掛け合わせることで、更にネタの幅が広がります。

 セリフ選びや、おもしろ語彙のセンスもあって、勢いはありますが、決して勢いだけのコメディーではありません。

 勢いとお約束がある一方で、キャラクターでも、話の転がし方でも、セリフの掛け合いや、細かいギャグでも、常に新しい要素を追求し続ける姿勢が素敵です。そして、すごく面白いです。

 なお、カバー裏や、おまけマンガも充実しております。

 

地球の生き物はかわいすぎる!※宇宙人の感想ですが、私も同意見です。

 この漫画は、勢いがあってテンポの良いボケとツッコミが響く、読みやすいコメディー作品ですが、動物のかわいい姿の描写も実に巧妙です。

 動物も、人も、やや丸みを帯びたデフォルメをした画風で描かれていますが、デフォルメを加える一方で、細かい特徴を巧妙にとらえています。

 特に動物画は、デフォルメ画と、写実画のいい所取りをした様な絵で描かれています。とても美しく、非常にかわいいです。

 猫の横顔など、その技法の巧妙さがわかりやすいかと思われます。

 猫や、犬から始まって、一般家庭で飼育されるような様々なペットに、動物園で飼育される動物たちまで、この独特かつハイクオリティーな画風で描かれています。

 主人公の相棒が猫であるために、登場頻度としては猫が多めの印象ですが、それ以外の動物も可愛らしさを正確にとらえて描写しています。

 動物好きで、漫画好きな人にとてもお勧めしたい一品です。さらに猫好きならもう勧めざるを得ません。

 

こんな人にオススメです。

  • 動物好きかつ肩の力を抜いてコメディーを読みたい気分の人。
  • 動物好きかつコントやリアクション芸も好きな人。

こんな人にはオススメできません。

  • 本格的なSFが読みたい人。※この漫画のSF要素は地球産の「かわいい」への初遭遇シチュエーションと、便利な舞台装置としてのものです。
  • 動物の動画などを見ても、かわいいとも、面白いとも思えない人。