コミックコーナーのモニュメント

「感想【ネタバレを含みます】」カテゴリーの記事はネタバレありの感想です。 「漫画紹介」カテゴリーの記事は、ネタバレなし、もしくはネタバレを最小限にした漫画を紹介する形のレビューとなっています。

異世界で俺と握手!!:戦隊レッド 異世界で冒険者になる レビュー

 

タイトル:戦隊レッド 異世界冒険者になる

  作者:中吉虎吉

  年代:2021年~

  巻数:既刊3巻

 

あらすじ・概要

 「終わりだ!!絶縁王!!世界の絆は俺が守る!!」。

 人々から絆を奪い世界征服を企む悪の秘密結社ゼツエンダー。その魔の手から人々の絆を守るために闘った絆創戦隊キズナファイブ。

 その最終決戦で悪の首領・絶縁王と共に爆炎に飲まれたキズナレッドこと浅垣灯悟(あさがきとうご)。

 死んだはずの彼の目に飛び込んできたのは、ファンタジー色全開の異世界の景色でした。

 戦隊ヒーローモノのお約束が異世界を蹂躙するハイテンションコメディー冒険活劇の開幕です。

 特撮戦隊ヒーローという1つの文化にファーストコンタクトした異世界の人々のリアクションが、最高に笑えます。

 

戦隊ヒーローのお約束が、異世界を蹂躙し、悪を砕く。

 良くも悪くも説明的なこの漫画のタイトルを見て、流行の異世界モノに奇をてらった異物混入をしただけだろうと想像する人もいるかもしれません。

 ところが、この漫画は、流行りのジャンルにオリジナル要素を雑にぶち込んだだけのものでは決してありません。

 「異世界×戦隊ヒーロー」をフル活用して全力で読者を笑わせつつ、異世界を冒険するストーリーにもしっかりと戦隊ヒーローの設定や物語が絡んできます。

 戦隊ヒーローのアイテムの造形や設定にも非常に凝っていたり、作画や演出がハイクオリティーであったりと、全体的に漫画としての質も高く、そういった質の高さが、そのままギャグの面白さに変換される類の漫画でもあります。

 特撮戦隊ヒーローというある種の文化にファーストコンタクトした異世界の人々も、とてもいいリアクションをしてくれます。

 ヒロインである魔導士の少女・イドラの突っ込みも第1話から冴え渡っていますが、それでも追いつけない勢いで特撮戦隊ヒーローネタが繰り出されます。

 ファンタジー異世界が舞台なので、魔物やら何やらも当然のごとく出てきます。

 しかし、そこは必殺技の特訓やら、新兵器の導入やら、幹部怪人との決戦やら、推定1年・放送枠換算で4クール分の各種お約束を乗り越えて悪の組織と戦い抜いたに違いない最終決戦後のヒーロー。強いです。

 現地人にとって理不尽な存在である強力な魔物やさらなる敵へ、より理不尽な戦隊ヒーローのお約束が襲い掛かる展開は爽快の一言。そして笑えます。

 

 お試し版で第1話が丸ごと読めます。クオリティーの高さとギャグの面白さがご理解いただけると思いますのでぜひ。

 


戦隊レッド 異世界で冒険者になる 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

 

 

こんな人にオススメです。

  • 特撮戦隊ヒーローモノが大好きな人。関連ジャンルに造詣が深い人。
  • 戦隊ヒーローネタを王道の熱さと、ギャグの面白さで二重に楽しみたい人。

 

こんな人にはオススメできません。

  • 異世界召喚・転生モノや特撮戦隊ヒーローに興味がない人、苦手な人。
  • 主人公がピンチにならないストーリー、いわゆる「主人公最強モノ」を読みたい人。※主人公は破天荒な性格かつ理不尽な能力の持ち主ですが、苦悩したり苦戦したりする展開もあります。